あるばいたーとらっぱーとおおさかー

  • 2019.09.20 Friday
  • 17:01

 

気分を変えたくてPCとスマホどっちもブログのレイアウト変えてみた。特にPC版がいい感じ。この書体いいよな。明朝体。なんかいろいろ見てたら少女ファイトとかベルセルクとかの設定もあって笑ってしまった。どっちもすきだけど主張が強すぎた。

 

もっといろいろ書きたいと思いながらも、ライブ終わってからずっとテンションが下がり目で、自分でもはてなだったのだが、原因がようやくわかってほっとしている。病は気からともいうけども、逆もしかりで身体的なものにメンタルも引きずられがちだ。あとシンプルに忙しかったというのもある。ずっとバイトのシフト入っていて、ほんとにここ1ヶ月以上はめちゃめちゃに働いている。しんどいしんどいと思いながらも無心でこなして、なんか誰とも対して会ってないのにもっと会いたくなくなったから誰とも遊んでなくて、隙間時間はずっとYouTube見て現実逃避していた。なんかほとんどバイトしてた記憶しかない。先週に1日だけ丸々休みがあって、その日は水族館に行き、ごはんを食べ、近所の商店街でいい感じの雑貨を買ったりして、楽しく過ごした。その日教えてもらったポケモンマスターズにそこから死ぬほどハマって、そっからはずっと空いた時間でポケモンマスターズ。もう現時点でやれるストーリーは全部クリアして、ポケモンのレベルアップとかをちまちまやっている。ガチャ引くのに必要なダイヤが全然貯まらなくて課金したい欲と戦って今のところは全部勝利している。全然スマホゲームはやらない性質だけど人狼ジャッジメントとポケモンマスターズはハマった。人狼ジャッジメントはずっとやってるからすごいと思う。この飽き性のわたしが。

 

そして今は大阪にいます。帰省中。なかなか帰るタイミングがなかったがタイミングとは作るものだ、と思い、このままでは一生バイトしてそうな勢いだったけどなんとか休みを確保し、夜行バスに乗り、だらだら大阪生活を満喫している。やっぱり大阪は良い。もう住むとかそういうことは考えてないけど、いろんな知り合いに会えると安心する。友達もたくさんいる。わたしが日々変わり続けているのと同じように、みんなも変わり続けていて、久しぶりに会うとそれがより顕著に感じられるから不思議な気持ちになる。

 

ずっとバイトしてたとき、社会人になったらこうして時間は勝手に過ぎていくのかなと思って、すこし怖い気持ちになった。ただ日々のタスクをこなしていくだけで、何にも感性を使わない自分が怖いと思った。バイトじゃないときもほんとうに無の境地で、なんにも考えたくないからずっとYouTubeかゲームしてるかだったし、自分が死んでいくんじゃないかと思った。今こうして大阪でだらだらしていると、遅めの夏休みが来た感じで、ちょっとリラックスできている気がする。やっぱり休むって必要だなと思った。東京にいること自体がずっと戦いなのかもしれない。やっぱりたまには大阪に帰ってきたい。みんなにも会いたいし。

 

最近フリースタイルダンジョンを見ている。深夜にそういう番組をやっていることは知っていたけど、ちゃんと観たことは今までなくて、たまたまテレビつけてたら始まったから観てたらすごい感銘を受けた。わたしもラッパーになりたかったなと思う。でもわたしはあんなに即興でライムできないし、言葉も出てこない。歌詞を書くときも、割と結構悩んで書くタイプだし、頭の中が常にとっ散らかっているのでそれを整理して、良い言葉、良い言い回しだけ凝縮して形にしているから、あんな風にスピード感を出せない。あとあんな攻撃性もない。笑 でもあんな風に芸術的に怒れるようになったら素敵だなと思う。クソ野郎、とか言ってても、どれだけ相手をセンスよくディスれるか、っていう勝負だから、許される。それが結構衝撃だった。怒りって芸術にしていいんだ、みたいな。みんなMCバトルで喧嘩すればいいのに。あんな風にちゃんと相手と向き合って、お互いにお互いをヒートアップさせあえる、ラッパーってすごいよな。わたしも怒りたい。自分の中にある怒りとか反骨精神みたいなのをもっと、爆発させることができたらいいのに。優しい歌が歌いたいけど、そうやってわたしの中にある怒りを救いたい、とも最近は思う。この怒りっていうのは、何かに対する怒りとかじゃなくて、解決したら失われるものではなくて、ずっとわたしの中にあるものだから。ラッパーたちもみんなそうなんだろうなと思った。一生付き合っていかなきゃいけないもの、それをあんな風に発散させることができるのは羨ましい。わたしにはまだできそうもない。だけどラッパーと喧嘩したらものすごい早口でズバズバ痛いところ突かれそうで怖いな。笑 ナチュラルに韻踏んでそう。笑っちゃうな。

 

ほんとうに普通の日記みたいになってしまった。

この歌にのって、について書きたい、って思ってたけどちょっと今の気分ではないのでまた今度。

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM