しらないことたくさんしりたい

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ばれんたいんでー | main | もうあうことのないきみへ >>

せいり

0

    体調が悪くて家にいるときはほぼお布団で寝たきり生活。
    ストレッチすると身体がバキボキ言う

    いくら気を付けてたってどうにもならないことはあるんだなぁ。
    女であることがますますいやだ。
    わたしではどうしようもないことなんだけど、でもこれさえなければって思うとどうしてもイライラしてしまうなぁ
    身体も心も、たった小さいスプーン程度にも満たないホルモンのせいで一定のスパンで影響が及ぶのはやっぱり何度考えてみても、くやしい。そうくやしい。
    これをまず受け入れるところからなのかも。
    でも現状受け入れたいなんておもってないからそりゃできないわ

    何か良くない影響を及ぼすものがあったとして、ずっとその原因を探って潰すことしか考えられなかったんだけど
    そうじゃなくてそれとうまく付き合っていくってことが大事なのかもしれない、と昨日話してて改めて気付いた
    じぶんのなかにこれまでその視点はなかった

    自分の性質とかとはむきあっていかなきゃいけないけど
    まぁこれがわたしだし、ちょっと人に比べて不健康であったとしても、わたしにとって正常値ならこれでいいんだと思う
    責任感強いとかひとりでなんとかしようとするとかは言われまくるし自分でもわかってる

    こないだ肩の力抜いたほうがいいって言われてそうだなーとも思った
    いつも、緊張状態なのかも
    もうちょい柔らかくなっていいとこは柔らかくなりたいね。ね

    まぁあんまり表だって人に頼れるタイプじゃないけど、それでもうまいことストレス発散して、ってちょっとずつできてきてた気はするんだけどな。
    ネガだけどポジだし

    人の手を煩わせたくないというか。信じてないわけではないが

    ひとりでがんばれるような女になりたい。て思った2年くらい前からあんまり弱音とかはかずにがんばってきたような気はするけど、これってじぶんを痛めつけてきたことにもなるのかもしれないなぁ

    けどやっぱり誰かに話して共倒れになる可能性があるよりひとりでやり過ごしたほうがましなんだもん

    だって別に誰かに解決してもらおうとかないからしんどいなーくらいしか言うことないしそれって向こうからしたら結局なんなん?てなるらしいし

    まーーたぶんやり方が下手くそなだけなんだろうとは思うけどそこまで考えてる余裕ないや
    余裕がないことがそもそも問題なんだろうか

    これでもこういう時期は毎回なにもかんがえないようにして過ごそうとしてるつもり
    だけどこういうときって感覚も過敏になるし生きてるだけでストレスが溜まっていくからどーーーしようもないね。

    元々どこにも帰る場所もないし落ち着ける人も場所もなくて安心するものもなく、自分しか頼れないんだから

    これたぶん月初のわたしが見たら引くんだろうなぁ
    おそるべき生命の神秘。

    やっぱり女とか男とかしんそこきもちわるい
    くらいへやのなかでぼろぼろないてると
    こんなとこだれにもみせられねえと思う
    わたしだけでいいよ
    病院行ったって慰めにしかならないんだもん

    精神病じゃありません
    女に生まれたことがもう受け入れられないくらい辛い
    PMSこんな辛い人いるのかな。まだ巡り合ったことないや。
    - | permalink | comments(0) | - | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | -

      この記事に対するコメント

      コメントする