しらないことたくさんしりたい

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< もうあうことのないきみへ | main | いちばんかなしいこと >>

おとこもおんなもなかったら

0

    どうしたらいいのかわからない。ずっと言ってるけど。
    きっとだれもしらないほんとうのわたしなのかな。守りたいという感情を自分が抱くとは思わなかった。でもずっと守られたくて仕方ないのは変わらない。

    とてもこわいけどわくわくする選択をしてびびりつつも楽しみにしていたりする
    がんばろう

    歌うことと
    どうやって向き合えばいいんだろうな。
    答えを出す助けがほしい

    今朝台湾から帰ってきて、はたらいてから泥のように眠っていた
    こんな真夜中に久々起きてる
    高校のとき、夜はわたしの棲みかだったけど
    今はもう、起きてるだけで変なかんじ

    おとことかおんなとかなければ
    もっと自由に生きられたかな
    LGBTじゃなくても、社会に決められた性を押し付けられてとても息苦しいし悲しくなるよ
    わたしは女の子 だけど
    周りの言うようなおんなのこらしいおんなのこではない
    それでも、わたしはわたしなんだよ
    女の子っぽいところも男の子っぽいところもみんなそれぞれ持っているのに
    身体という性はざんこくだ
    カテゴリー分けはよしてよ

    女だからとか男だからとかじゃなくて
    人としてみたいし、みてほしい
    かくいうわたしがいちばんそんな社会の影響を受けてきて苦しい思いをしている
    思わず口から出てしまう言葉がキライ
    「男の子なのに」
    「女の子だから」

    あなたはあなた
    わたしはわたし
    性別はただのオプション
    そんなことよりどんな生き方をしてきたのなのほうが、知りたいよね
    - | permalink | comments(0) | - | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | -

      この記事に対するコメント

      コメントする