へやのなか

  • 2019.09.10 Tuesday
  • 20:19

 

家に帰ってすぐガスの元栓をつけた。お風呂に入ると同時に洗濯機を回した。洗濯機のことを「せんたっき」と言ってしまう。体育のことを「たいく」というのと同じ。お風呂から上がって、洗濯が終わるのを待ちながら髪の毛を乾かして、掃除機とクイックルワイパーをかけて、できあがった洗濯物を干して、棚やテレビ台に貯まった埃を拭いて、キッチンの油汚れを綺麗にした。遠くの空がピカッと光って、天気を調べたけどまだ雨は降らないことを確認してほっとする。机の上にはMacとコップ、テレビでは樹木希林の追悼特別番組をやっている。こういう番組を見るたびにおかしな気分になる。会ったこともないのに、知り合いがいなくなったかのような悲しい気持ちになるなんて不思議だ。樹木希林も、人知れず死んでいく遠くの高齢者も、「死」という一点においては変わらないはずなのに。企画の日にどこかのテーブルにぶつけてできた左膝の傷に、きれいなかさぶたができていて、かゆい。ぼーっと番組を見ていると市原悦子が出てきて、この人も確か最近亡くなったな、と思う。うちのおばあちゃんに顔とか雰囲気がどことなく似ていて、なんとなくググってみると、亡くなったのは今のおばあちゃんと同じ年齢だった。身近な人の死は想像したくない。嫌になって、録画していた海外ドラマを流すことにした。シリアルキラーを追う刑事ドラマもので、これも結局人が死んでしまう話なのに、現実はダメでフィクションはOKとは、なんて現金なんだろう。この世のものなんて大概がフィクションであり、ノンフィクションなのかもしれない。

 

部屋が綺麗だと安心する。家と心の状態は連動しているとよく言われるがその通りだと思う。ひとりで動画を見ながらぼーっとしているとこの時間がないと生きていけないな、と思う。連勤中のつかの間の安らぎ。でもそろそろ人と会いたいな、と思う。引きこもりたくなったり、人と会いたくなったり、ほんとうに心はゆらゆらしていて、バランスを取ることなんてこの先一生できないような気がしてくる。楽しいことをたくさんしたい。

 

ゼミ合宿で読んだ文献に、人は他者に対して自分と違うものを求めると同時に同じものを求めている、とあった。なんとなくその感覚はわかるような気がした。そうやって両立不可能なものを求めがち、矛盾を孕みがち、そうやってなんだかんだ安定する。不安定が安定、そんなもん、生活は。ゲームでもしよう。

スポンサーサイト

  • 2019.09.20 Friday
  • 20:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM